経営の厳しさと社長の経営方針を正しく理解し、これを部下に分かりやすく正しく伝えられる、指導型のリーダーのために開発しました。
 従業員100人以下の規模に焦点を当て、しかも4人〜5人の部下を持っている「伍長型」のリーダーと、10人〜12人の部下を持っている「戦術リーダー」を対象にまとめていますから、とても分かりやすくなっています。
 自発的に計画し、チーム全体の生産性を大いに高める、積極的なリーダーになってもらいたい。こういうリーダを育てるために作ったのがこの教材です。社内での研修用に最適です。

1.リーダーの実力を構成する大事な要因をはっきりさせる

 会社の業績向上に貢献するチームを作るには、まずリーダー自身が実力を高めなければなりません。
 リーダーの実力を高めるには着眼大局の原則に従い、リーダーの実力は「どのような要因」で決まるか、リーダーの実力を構成する「大事な要因」をはっきりさせておく必要があります。
 科学的問題解決法で分析すると、大事な要因は4つあることが分かります。これが最も大きなポイントになります。

2.大事な要因のレベルの高め方を考える
 リーダーの実力を構成している大事な4大要因がはっきりしたあと、次は4大要因のウエイト付をし、どれが最も大事になるかこれをはっきりさせます。
 そのあと、4大要因の1つ1つのレベルの高め方を考えます。要因のレベルの高め方がはっきりしたら、それに従って各リーダーの教育と訓練を繰り返します。
 こうすると目標がはっきりし、しかも正しいやり方で教育と訓練がされるので、リーダーの実力がグングン高まるのです。

3.チェックリストで週1回チェックする
 リーダーの実力の高め方と教育・訓練が終わった後は、実行になります。
 実行力を高めるには習慣化が必要で、そのためには一定期間、適度な強制を加えることが欠かせません。これがチェックリストを使った、毎週のチェックになります。
 毎週チェックするのはとても面倒です。しかしチェックすることで大事なことに気付き、それを改善しながら実行するということを繰り返すと、リーダーの実力が毎月確実に上昇していきます。こうなると、それにつれて業績が向上するのです。

 係長・課長のリーダーシップ戦略DVD・ビデオ 目次
   第1章 リーダーのタイプと構成要因(21分)
   第2章 利益性の実態を知る    (31分)
   第3章 経営の構成要因とウエイト付(26分)
   第4章 利益性の原則を知る    (25分)
   第5章 戦略と戦術を知る     (40分)
   第6章 担当職務能力を高める   (41分)
   第7章 仕事時間を拡大する    (64分)
   第8章 人間関係能力の高め方   (37分)
   第9章 チェックリスト      (28分)
◆DVD・ビデオ 6巻。5時間13分。テキスト1冊付。
定価65,000円(税込)。後払。分割払可
お申し込みは、今すぐメールで!
 テープ・塾・研修会・セミナーに関する「ご質問」は代表の西谷常春が、 経営に関連する「ご相談」は顧問の小林都由が直接お応えしています。(無料でお受けしております。)
 お問い合わせと、お申込みは、「電話・FAX ・メール」で
あなたからのメッセージ、楽しみにしています。

<経営戦略研究所>
ランチェスターマネジメント株式会社
〒062-0911 札幌市豊平区中の島1条4丁目4-20
リーバーハイム2F
TEL:011-374-5691 FAX:011-374-5692

E-MAIL : lms@lbc-s.com
ホームページ : http://www.lbc-s.com
▲このページのトップへ